ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2018年04月17日

新しき挑戦-サンタニエッロ

Brand:新入荷

P1090382%20%28360x480%29.jpg
P1090379%20%28360x480%29.jpg
P1090385%20%28360x480%29.jpg
P1090389%20%28480x360%29.jpg
P1090394%20%28480x360%29.jpg
P1090397%20%28480x360%29.jpg
ジャケットのプライス5、6万。いつもはプライスを表示せず、先入観持たずイメージしてもらう様にしている。想像より安いとうれしいじゃない?
昨秋冬からスタートしたナポリのサンタニエッロは5万円で、この世界に仕掛けてきた。
シャツジャケットじゃないよ。50年やっているテーラードだ。完全に新しい世界を開拓しようとしている。
クラシコイタリアの世界も多様化してきた。超高級服が認められる。
低価格の服でも認められる存在も出てきてもいいんじゃない。しかし、安かろう、悪かろうじゃやらないよ。
サンタニエッロのいいところ。
①新しいイタリア服ファンを狙っている。
②サルトリアーレのスーツの完成度。
③製品洗いジャケットには、エクスクルーシヴ(オリジナル生地)が多い。
④製品染めの味だしがいい。
⑤遊び感覚で、色・柄に挑戦できるプライス。
P1090387%20%28480x360%29.jpg
P1090388%20%28480x360%29.jpg
P1090391%20%28480x360%29.jpg
P1090393%20%28480x360%29.jpg
P1090395%20%28480x360%29.jpg
P1090396%20%28480x360%29.jpg
ジャケットを3マーク紹介します。
マイサイズが無い為、着用写真は無しです。
まずは、コットンシルクのエクスクルーシヴ生地。色数が多いのもここの製品染めの特長なんですが、悩んだ末ネイビーにしました。織り感が独特の幾何学風。
続いて、コットン、ラミー(麻)の洗い染め。色はライトブラウン。着回しがききそうな大人ないい色。
ラストが展示会で、一番に決めたサンプルズバなヤツ。
コットン・リネン・ポリ・ナイロンの4者混。ベージュベースに赤茶のウインドウペン。色気タップリのエレガントなエクスクルーシヴ生地。Tシャツとジーンズだけでも決まるねぇ。

2018年04月13日

シャツはアートだ・2-イタリアンシャツ フィッティング

Brand:新入荷

P1090352%20%28480x360%29.jpg
P1090354%20%28480x360%29.jpg
P1090355%20%28480x360%29.jpg
P1090358%20%28480x360%29.jpg
P1090357%20%28480x360%29.jpg
P1090359%20%28480x360%29.jpg
P1090360%20%28480x360%29.jpg
P1090365%20%28480x360%29.jpg
P1090362%20%28480x360%29.jpg
P1090369%20%28480x360%29.jpg
P1090370%20%28480x360%29.jpg
P1090367%20%28480x360%29.jpg
P1090366%20%28480x360%29.jpg
たかがシャツ、されどシャツ、やはりシャツ、頼むぜシャツ。
暖かくなると上半身はシャツが主役になりたがる。
いいシャツは誰の目にもわかるよ。美しいシャツ、カッコイイシャツ。ルーズなシャツが気分だって?
タックパンツも定着してきたことだし、そんなNOWな着方もいい。
でも、ビジネスを考えると、ノーマル、クラシックモデルだろう。
イタリアはシャツ屋の宝庫。それぞれに特徴がある。
今日はシャツのフィッテイングに注目してみよう。
ルイジ・ボレリ(L)、エリコ・フォルミコラ(E)、ギ・ローバー(G)、ボルゾネッラ(B)の4ブランドを比べる。全てドレスモデルに洗いがかかっている。37cmのネックで比べた。
まず、一番シルエットの要になる場所、肩幅サイズ、L40、E44、G41、B40。
Eは大きく思うが、僕の肩幅でジャストくらい。それ以外はかなりタイト。
肩先が2cm位ずつ袖の方に出る。肩がピッタリ吸いつくけど、窮屈感はない。
フィナモレも40cmだが、このタイトショルダーは日本人に人気。イタリアらしい立体感を強調した肩だろ。
上胴(バスト)は体型的に気になる部分だろう。確かにバストのフィット感でサイズを決めるのが普通。(タイドアップの場合は、首回りだけど。)
L49(後ろ50)、E47.5(後ろ48.5)、G48、B49。
平置きして前と後ろのサイズを測っただけだが、LとEは前後ろが違う?LとEは前見頃が1.5cm大きくなっている。(写真上から3番目)。
バストではEがタイトだが、肩幅は普通なので逆三タイトのイメージ。後は肩がタイトなので、バストの差はそんなに感じない。
LとEの様に前後アシメトリーなのは、シャツに限らず他のアイテムでもイタリアモノにはよくある。
エリコはボレリから独立してるから、パターンも似てるのだろう。そんなアシメトリーのパターンが立体感を生むのだろう。
服を探しに行く時は、ボケットにメジャーをしのばせていくといいかも。
自分のサイズをメモっといて、さりげなく比べるのもいい。
でも、イタリア服はサイズだけじゃ判断できないんだよなぁ。だから、面白いのだ。
アルバーノでは試してみたいと思う前に、着させられるから。(イッツマジック)。
P1090371%20%28480x360%29.jpg
P1090372%20%28480x360%29.jpg
P1090373%20%28480x360%29.jpg
P1090374%20%28480x360%29.jpg
P1090377%20%28480x360%29.jpg
P1090378%20%28480x360%29.jpg
P1090375%20%28480x360%29.jpg
P1090376%20%28480x360%29.jpg
今日のアートは、4マーク。
まずは、ルイジ・ボレリ。流石ボレリ。吸いつくようなフィット。コットンストライプ。
次は、エリコ・フォルミコラ。当店の一押し。フレキシブルワンピースカラー。サイジングは逆三ドレスタイト。この襟はカジュアルに最高!
3番目は、ギ・ローバー。パイルっぽいコットンのストライプ。カッタウェイでシルエットは、安心感のあるタイト。
ラストは、ボルゾネッラ。サッカーのボタンダウン。このシルエットも攻めてるよね。
今回の4ブランド、フィッテイング検証の結論は…、「みんなイイネッ!」
参考にならんね。


2018年04月06日

ダブルブレスト、デザイン論-GABO ・2

Brand:新入荷

P1090326%20%28480x360%29.jpg
P1090327%20%28480x360%29.jpg
P1090317%20%28480x360%29.jpg
P1090318%20%28480x360%29.jpg
P1090320%20%28480x360%29.jpg
今の日本において、ダブルはどんな状況におかれている?
ダブルと聞くと、「バブルの時流行った、貫禄あるエライ人が着る特別なジャケットでしょ。自分にはハードル高いよ。」
といったイメージがあり、遠ざけている人は多いと思う。
クラシックなジャケットスタイルとして、もっともっと広がりをみせてもいいと思うんだけどなぁ。
コートにおいてはダブルの合わせは抵抗ないのに、ジャケットはなぜ身構えるんだろう。
コートでもそうだけど、ダブルのデザインにもいろいろあって、キマった時には誰の目にもカッコイイはず。
そこで気にして欲しいのは、「ダブルはデザインなんだよ~。」ということ。
似合うダブルもあれば、似合わないダブルもある。好きなダブル、嫌いなダブル。ダブルなら何でもいい訳じゃない。
ちょっと話はバブル時代にワープしよう。イタリア服=バブルの象徴=ダブルスーツ。
僕達オヤジはダブルの何にこだわったか?
作り、縫製よりも、素材、色、そして、デザインだった。
アルマーニ、ベルサーチ、フェレ、ベンチューリ、ヴェリー…すごい数のイタリアンブランドがあり、それぞれに違う顔のダブルがあった。ウルトラマンの怪獣のように。
でも、そんなン10万円のスーツ誰が着てた?郷ひろみ?夢の夢。
一般人はイタリアン風のなんちゃって日本製ダブルスーツですよ。
それでも10万はした。襟の形状(上衿、下襟のバランス等)、ゴージライン、ラペル幅、合わせ幅、ボタンの数、そして、配置バランス、Vゾーンの広さ。
まさに、ダブルはジャケットというアイテムに描かれたアートだった。
P1090315%20%28480x360%29.jpg
P1090316%20%28480x360%29.jpg
P1090314%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
話はそれたが、現代に戻ろう。S、Lのダブルは上衿と下襟の切れ込みが浅く、ラペルは広いラウンド調。人気Tのダブルはシャープだ。6つボタンが全体の上に配置され、ウエストの絞りも高い。
昔 好きだったBのドーヴァーは細ラペルにハイゴージ、Vゾーンは狭いが、ボタンの間隔は広かった。
そんな風にブランド毎にダブルの特徴はある。普通なデザインブランドもモチロンある。
だから、試着してみて、何が自分に魅力的に感じるかだ。
バブル期と違うのは、本場イタリアの立体感のあるカッコイイダブルが、アウトレットに行かなくても手に入ることだ。なんて恵まれた世の中!
P1090348%20%28360x480%29.jpg
P1090349%20%28480x360%29.jpg
P1090350%20%28480x360%29.jpg
P1090351%20%28480x360%29.jpg
P1090339%20%28480x360%29.jpg
P1090340%20%28480x360%29.jpg
P1090342%20%28480x360%29.jpg
P1090343%20%28480x360%29.jpg
話は長くなったがここまでひっぱったのは、当店で扱うGABOのダブルジャケットの魅力を伝えたかったからだ。
初めて見た時から、ちょいワルなナポリの匂いが漂っていた。超個性的、一見でGABOとわかるデザイン。3年やってきて、「なんかこのダブルのデザインハマるなぁ。」称賛の声多し。
もう少しノーマルなダブルもあるんだけど、ワイドラペルのPANAREAモデル。13cm幅の太いラペルだが、Vゾーンが狭く、第2ボタンへ向かう襟の角度が鋭角でシャープ。ヤンチャな大襟が意外と上品に感じる。
モチロン存在感はダップリ。ネイビーフレスコ調にブルーのウインドペン。
GABOはブレがない。このダブルモデルはGABOのアイデンティティ。
古き良きスタイルは、現代のスタンダードとして、ファンを増やしていくだろう。
売れる服の方程式・1。主張の強い代表的モデルがある。 

2018年03月30日

インコテックス603は永遠のスタンダード

Brand:新入荷

イチローがセーフコフィールドで開幕戦に立った。
感無量だよ。お膳立ては出来た。求められるのは結果のみ。
イチローにとって大事なターニングポイント。
でも、僕はそんな期待しないようにしている。冷静に見守るしかない。
それは、このシアトルがラストチャンスとは思わないからだ。通過点。
イチローは入団会見で言った。「皆さんは僕が50までやると思ってらっしゃるだろうけど、最低50までと言ったんでそこんとこお間違えなく。」
しびれたなぁ~。この男はどこに向かってるのだろう。
ホント今の自分に自信、確信がないと言えない台詞だ。
僕は、イチロー信者だ。だから、彼の有言実行を願ってやまない。
金字塔は打ち立てた。あとは退くのが世間の常識。
でも、イチローは後ろは振り向かない。今から次のシナリオをイメージしている。ストーリーの二幕はスタートした。
前人未踏の領域で、野球バカの夢は続いていく。
ベースボールの最高舞台に彼が必要とされ続けるまで…。
P1090295%20%28360x480%29.jpg
P1090296%20%28480x360%29.jpg
さて、このパンツブランドを始めて何年経っただろうか。初めてTELした時のことは覚えている。
雑誌にバンバン出始めた頃、
「あの~○○(代理店名)さんから、紹介されて初めて電話するんですけど…。」
担当者「ウチは紹介とか、そういうの受けてないだよね~。」という冷たい反応で断られたっけなぁ。
その後、先方から承認されて取り引きが始まったんだけど、当時はビッグネームのブランドが欲しくて、アプローチしたんだ。
インコテックス。やはり、ビックネームは新しいお客様へのアプローチにも必要だ。
今でも「富山で扱ってる店があるって知らなかった。東京まで買いに行ってたよ。」
なんて、なんていう無名な我が店!
富山の皆さ~ん、ずっとやってますよ、インコテックス。
P1090300%20%28480x360%29.jpg
P1090298%20%28480x360%29.jpg
P1090299%20%28480x360%29.jpg
P1090301%20%28480x360%29.jpg
P1090302%20%28480x360%29.jpg
今日はカジュアルライン。スラックス。モデルは、人気603。
ノータック、スリムテーパード。コットンギャバのストレッチ混。色は、オフ白とネイビー。
もうひと素材、コットンリネンのベージュ。
タックパンツがいくら出まわろうとも、この美脚テーパードスリムは、何食わぬ顔して我が道を行く。

2018年03月26日

シャツはアートだ-ルイジボレッリ

Brand:新入荷

P1090290%20%28480x360%29.jpg
P1090285%20%28480x360%29.jpg
P1090279%20%28480x360%29.jpg
僕のたった一人の外国人のフレンド、エリック。
今回 ビルボードライブ大阪で公演予定の、あのレイ・パーカーJr と1曲ジョイントするというニュースが飛び込んできた。
すごいなぁ、エリック。 「WOMAN NEEDS LOVE」で、80年代日本でも一世を風靡した、レイ・パーカーJrだよ。
大阪、神戸で毎週歌っているから、富山と大阪を行ったり来たり。大変だと思う。
全然知らない日本という地にフラリと来て、田舎の富山と縁があり、残りの人生を賭けようとしている。人の人生って不思議なモノだね。
僕もこの年齢で、こんなファンクオヤジと知り合うなんて思ってもみなかった。
彼と話すと(カタコトのワードとパッションで。)すごく楽しい。パワーがもらえる。
また、SOUL、FUNKを聴くようになったよ。
「歌とダンスは世界共通だよ。音楽は、言葉を超えて人を繋ぐものなんだ。」と、エリックは熱く語る。
ファッションも言葉を超えて人を繋ぐよ。ファッションもコミュニケーションの一つだよ。
P1090291%20%28480x360%29.jpg
P1090292%20%28480x360%29.jpg
P1090294%20%28480x360%29.jpg
P1090287%20%28480x360%29.jpg
P1090288%20%28480x360%29.jpg
P1090283%20%28480x360%29.jpg
P1090286%20%28480x360%29.jpg
P1090277%20%28480x360%29.jpg
P1090278%20%28480x360%29.jpg
このシャツは、世界でもベリーフェイマスなシャツブランドだろ。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)。
「ドゥ ユウ ノー?」 「オフコース!」 「オーケー。」
オールポピュラーカラー、“LUCIANO”。ビューティフル!ナイスセレクト!
イントロデュース、3マーク、エブリバディ。
1&2、イロチガイ、ブルー、ブラウン。ホワッツ ザ ファブリック?リネ~ン。ソフトウォッシャブルね。
オ~、ナイス、タッチ、クール。
ネクスト3、ホワイト。コットンブロード。これもソフトウォッシャブル。ちょっとだけよ。
オン&オフ どっちもO.K。タイドアップ、グッド!ナイスガイ!
「エクスペンシヴ?」 「ノー、ノー、ノー。アルバーノプライスあるよ。」(なぜここは中国語調??)
ビコーズ、送金&インポート。
サプライズプライス!リアリ~!オーマイガッ!
アルバーノ ハッピー、ゲスト ハッピー。


(エリックと話している時の相方さんはいつもこんな感じ…。アルバ子談)


2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.