ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2021年12月07日

ヴァルスターのコスパに乾杯!

Brand:新入荷

IMG_1559.JPG
IMG_1560.JPG
IMG_1562.JPG
IMG_1563.JPG
IMG_1555.JPG
IMG_1556.JPG
IMG_1557.JPG
IMG_1558.JPG
イタリアの伝統あるコートメーカー『ヴァルスター』。
ヴァルスターが現在イタリアにおいて、コート屋としてどのような立ち位置なのか僕にはわからない。
顔と言われる❝ヴァルスタリーノ❞の存在は不動のものだ。
シーラップのように有名メゾンのOEMをやっているのだろうか?
今回のコレクションを見ても、流行を意識したものは無く、クラシックなベーシックなコートが占めていた。
コレクションを見ている時ヴァルスタリーノだけでいいか、と考えていたが、他のモデルのカッコ良さに本気になっている自分に気がついた。
FOB原価から、頭の中で電卓をはじくと、「フフフ、これはやらない手はない。」とほくそ笑んでいた。
直輸入の魔法!お客様も喜んでくれるだろう。
シーラップでいっぱいだけど、これは別腹だ。
IMG_1548.JPG
IMG_1549.JPG
IMG_1551.JPG
IMG_1552.JPG
IMG_1553.JPG
IMG_1554.JPG
そんな訳で躊躇なく選んだコート2型。
この前のモーターサイクルジャケットと共に、一目ぼれで決めたフーデットコート。
英国のワックスコットンを使った超シンプルなモノ。カーキで背裏にはボアがつく。
ヴァルスターのコートは着てみると、作りの良さが伝わってくるんだ。
何だろう。シーラップとは違った英国的な正統派というか…。でも、Mとは違うイタリアンな味。
もう一つは、シンプルなハーフ丈のスタンカラー。とてもバランスがいい。ポリエステル素材。
軽いんだけど、内側に中綿入りで温かい!!
そして、これがこのお値段なんだから…、ブラボー!素晴らしい!
アルバーノ、シーラップ一本で勝負してきたけど、今季からこのヴァルスターが加わりまして、鉄板のコートコーナーが完成です。
(ちなみ僕の着用写真のフーデットコートは、2サイズ上のものです。僕のサイズは入荷した当日にこれまた一目ぼれしたお客さんの元へいっちゃった。)


2021年12月03日

ナイスプライス!-アレッサンドロ・ルッピと申します。

Brand:新入荷

IMG_1547.JPG
IMG_1541.JPG
IMG_1544.JPG
IMG_1545.JPG
IMG_1546.JPG
12月10日に、当店2FのCAFE54にて、『男子のコーディネート入門ワークショップ』というイベントをやります。
何を着ていいのかわからず悩んでいる男子に、服の選び方、コーディネートのポイント等を実践しながら、ゲストの方々と一緒に考えていこう、という趣旨のイベントです。
イベントで使用するアイテムは、全てアルバーノのものです。
仕事、普段着、ちょっとしたフォーマルという3パターンのシチュエーションをイメージして着るものを選びます。
アッと驚くようなコーディネートは出来ないと思いますが、得意のベーシックでクラシックなイタリアンスタイルをガンガンコマーシャルさせていただこうと思ってます。
この日ご都合のよろしい方は、ぜひご参加いただければ嬉しいです。
IMG_1529.JPG
IMG_1530.JPG
IMG_1525.JPG
IMG_1526.JPG
IMG_1531.JPG
IMG_1532.JPG
IMG_1533.JPG
IMG_1540.JPG
今日はここ数シーズン展開しているニットファクトリー『アレッサンドロ・ルッピ』のニット、始まるよ!
いいジャケット、アウターを買っても、高いニットには手が出しにくい。しかし、ファストファッションのニットじゃ、ちょっとな…。という方々の為に。」
メイドインイタリーで1万円台で手に入るナイスなプライス!
待ってたよ!ルッピと申します。
メリノ、カシミヤウールの柔らかい素材のタートル。ブラウン、ココアブラウン、ベージュ、ライトグレー、ブルーグレー、ダークパープル(写真では明るく写ってる。)
ハイゲージのタートルは、ブルーグレー、ミディアムグリーン、ライトグレー、黒、赤、紺、オフ白。
今日はタートルのみご紹介しましたが、クルーネックのものも何色か入荷しております。

2021年11月26日

魂心の別注!! モールスキン・ピーコート-シーラップ

Brand:新入荷

IMG_1504.JPG
IMG_1503.JPG
IMG_1505.JPG
IMG_1507.JPG
IMG_1496.JPG
IMG_1494.JPG
IMG_1498.JPG
IMG_1499.JPG
いつ出そうか、いつ出そうか、タイミングを計っていた。
気温もガクンと下がり、今、今、いま…。この時を待っていた!
満を持してのお披露目。アルバーノと言えば、シーラップ。
シーラップと言えば、ピーコート。ロングエレガントの『GENOVA』は、憧れのピーコート。
普通丈の『AMALFY』は、シンプルで絶妙なバランス。
今 イタリアのピーコートで、シーラップの右に出るものはいないだろう。
1年前のプレコレクション。『AMALFY』のピーチスキンで作られたモデルが新作として出ていた。
「ほぉ、こうきたか。」と僕の心はグラっときたが、オーダーするかどうか悩んでいた。
その時どこからか、「モールスキンでやるのも恰好イイゼ。」という声が聞こえた。
昔 ボリオリがモールスキンのガーメントダイのピーコートを出していて、すっごく人気があったのを思い出した。
思い立ったら吉日。シーラップ社にモールススキンで出来るかどうかと、出来るならばプライスも教えてとリクエストを投げてもらった。
「新作のコレクションの中から選んでくれればいいのに、面倒くせぇクライアントだ。」(シーラップの心の声かな。)
それでもなんとかしてくれるのが、シーラップの職人魂。
「俺達に不可能はないぜ。」コートファクトリーとしてのプライド。
ビッグオーダーも出来ないジャパンの富山の小店のために、一肌脱いでくれる。名だたるビッグメゾンの黒幕が、だぜ。頭が下がる。
仲を取り持つ代理店S.D.Iさんにも感謝。
IMG_1515.JPG
IMG_1516.JPG
IMG_1518.JPG
IMG_1519.JPG
IMG_1521.JPG
IMG_1522.JPG
IMG_1508.JPG
IMG_1511.JPG
IMG_1513.JPG
そんな訳で、今シーズンのシーラップの目玉。世界でアルバーノだけの別注モデル。
AMALFYのモールスキン、3色。
魂心のオーダー、そこんとこ ヨ・ロ・シ・ク!!
仕上がり?元来 男クサイ武骨なピーコート。それが、ゴワっとしたモールスキンで、よりワイルドに仕上がりました。ウールのメルトンとは、ちょっと違う感覚。
大きな襟に、ややタイトなボディ。流行りなんてクソくらえのスタンダード。
重くならないか心配でしたが、着心地はむしろ軽い。
黒・紺、そして、ベージュの3色。
シーラップ名作をアルバーノ流にアレンジしてみた。
僕の妄想から生まれたピーコート。
ぜひ試してみて欲しい!!


2021年11月21日

高い服は売りたくない店-GABO

Brand:新入荷

IMG_1489.JPG
IMG_1485.JPG
IMG_1486.JPG
IMG_1487.JPG
IMG_1488.JPG
大谷選手 MVPおめでとうございます。
今年はホント興奮、熱狂させてもらいましたよ。自分の事のように。
イチロー引退から数年も経ってないのに、日本人からこんな前代未聞のスーパースターが登場するなんて誰が想像した?!僕もイチロー、大谷と同じ時代に生きてることに感謝しますよ。
大谷がアンバサダーを務めているのが、ヒューゴボス。
ボスも見る目があったねぇ。会見で着ていたジャケットに問い合わせ殺到!当然だよね。
ヒューゴボスと言えば、あんたさんな(富山弁です。「あなた」)僕達おじさん世代にとって、ムチャクチャ憧れのブランドでした。
バブル時代。イタリアデザイナーブランドが百花繚乱の中、クールで洗練されたドイツ高級ブランドとして輝いていましたね。
今 大谷が着ているボスは、当時とは大分変わったみたいですが…。
当時まだ若輩者の僕は、無謀にも飛ぶ鳥落とす勢いのボスジャパンに取り引き交渉したんですよ。ホント身分もわきまえずに。
「半期3千万以上やってくれるなら考えますよ。」
と、言われたことは今も鮮明に覚えています。
真剣に悩みましたよ。「今やってるブランド全部やめてBOSSの店やろうか?」って。
やってたら人生変わってたかな??
いや、当時のイタリアンデザイナーブランドは高すぎた。そして、イタリアブランドは、英国、フランスのブランドのようにライセンス生産を許さなかった。(ブライドだね。)
だからイタリアものは20万オーバー。唯一ヒューゴボスは、確か15万位で買えた。
一般人に手が届くインポートブランドが、ボスだったのだ。
それはそれで楽しい時代でございました。
その時以来トータルブランドは影を潜め、クラシコ、ファクトリー時代がやってくるのです。
IMG_1472.JPG
IMG_1475.JPG
IMG_1477.JPG
IMG_1466.JPG
IMG_1467.JPG
IMG_1468.JPG
IMG_1478.JPG
IMG_1480.JPG
IMG_1482.JPG
今日はGABOのジャケット。再三言ってますが、アルバーノは高い服は売りたくないイタリア服店です。思い入れのあるイタリア服で安くできる手段があれば(例えば直輸入)、オーダーに前向きになります。
GABOの代理店フィロロッソさんは、インポートO.Kなんです。
今度高い服ですけど、ダルクォーレをやろうと思っています。(モチロン直輸入でアルバーノプライスですよ。お楽しみに。)
今シーズンGABOが、ナポリトライアングルで一番のシェアを占めています。
シングルジャケット、当店だけのアルバーノ仕様。ダブルのパナレアモデルも別注。
常連さん、一般の方に広めていきたい!
シングルジャケット3マーク。
まずは、昨年と全く同じ素材。ネイビーのツイル。超ベーシック。
続いて、パッと見プリントのような織り感がオシャレで軽い生地。
2色。ネイビー系とブラウン系。
GABOのアルバーノモデル、プライスもびっくりですよ!


2021年11月13日

シーラップが料理するG9-TRIESTE

Brand:新入荷

IMG_1461.JPG
IMG_1463.JPG
IMG_1465.JPG
IMG_1457.JPG
IMG_1458.JPG
IMG_1459.JPG
昨年 入荷早々に完売となり、まともにお披露目も出来なかったシーラップのG9。
スイングトップのウールブルゾンを紹介したいと思います。
昨年 初登場したスイングトップ。モデル名は、「TRIESTE」。
素材、デザイン、フォルム全く変わりなし。
本家バラクーダのG9は、ワンアンドオンリーなトラディショナルな定番です。
そんな定番をシーラップ流に料理しました。
いろんなブランドをプロダクトするシーラップです。
トラディショナルな爽やかさはありませんが、そこはかとなく漂うモードな色気。
メルトンのような打ち込み感のあるウールではなく、柔らかなソフトウール。色は、今年も黒にしました。
ラグランスリーブでややタイトな肩。腕は袖口に向かって細くなっていく。ボディは中に着こめる余裕はあります。
絶妙!流れるようなフォルムは、どんなボトムスにも対応します。ミニマルで美しいG9。
これはシーラップにしか出せないフォルムだろうな。
IMG_1450.JPG
IMG_1451.JPG
IMG_1452.JPG
IMG_1453.JPG
アルバーノの定番ショートブルゾン。
シーラップからは、このG9とボマージャケット(MARINA)。
ヴァルスターからは、ヴァルスタリーノ。それに、エンメティのJURIあたりかな。
素材、色を乗せ換えて、提案していきます。
シーラップの隠し味(色気)わかるかなぁ?わかってちょうだいっ!!


2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.